▼ CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
▼ LATEST ENTRIES
▼ RECENT COMMENTS
▼ ARCHIVES
▼ search

▼ LINKS
▼ PROFILE
main
▼ 平野流・韓国居酒屋まるふみの愉しみ方

いま全国で小中学校が休校中ですよね。

 

私には小学生の息子が二人いますので、

 

いい加減ふたりとも暇を持て余しています。

 

私は午前は割と時間を作りやすいので、

 

最近では専ら息子たちと公園で野球をやるのが日課。

 

何だか子供が生まれて今までで一番父親らしい期間な気がします(笑)

 

 

 

こんにちは、まるふみ代表平野です。

 

今回のテーマは、

 

【平野流・韓国居酒屋まるふみの愉しみ方】

 

どこの店舗でも、お客様から

 

「どれが一番おすすめ?」

 

と聞かれます。

 

もちろん、お客様はオーダーを失敗したくないので、

 

どれが一番美味しいか店員さんに聞くのが一番手っ取り早いと思うでしょう。

 

正直なところ、お店側、特にオーナーや店長にとってみれば、

 

どれも美味しくてお薦めだからメニューにしているので甲乙つけがたい、、

(とりあえずの一品、みたいなのは置いといて)

 

しかし、やはり無難な「定番どころ」を、

 

【一番売れるメニュー】

 

としてご説明しますし、

 

一方で、味の好みは千差万別。

 

自分自身が好みでおススメする

 

【私が好きなメニュー】

 

というのも当然存在します。

 

 

 

『平安通・韓国居酒屋まるふみ編』

 

 岷こうじサムギョプサル」

 

まるふみには4種類のサムギョプサルが存在しますが、

(塩・焼肉タレ・塩こうじ・辛ギョプサル)

 

ほのかな塩味と焼いた時の麹が軽く焦げた風味が絶妙。

 

ニンニクや発酵食同士のキムチ、白髪ねぎを一緒に巻いて食べると幸せこの上ありません。

 

※これは通常のサムギョプサルです

 

▲ムジャタン

 

名前の通り、ジャガイモの鍋です。

 

豚あばら軟骨と背骨をコトコト数時間煮込んだダシが、

 

ジャガイモとうまく絡みあっています。

 

あと、あまり前面に出ていませんがエゴマの葉・粉がふんだんに入っているのがこの鍋の最大の推しポイントです。

 

このエゴマの風味が、一言で言えば「肉と芋の鍋」を健康的にも食味的にも格段上の食べ物に変えていると思います。

 

〆にはご飯と卵で作る雑炊がおススメ。

 

栄養バランス抜群なこと、この上なし。

 

 

 

青唐辛子のチヂミ

 

青唐辛子とは、赤い唐辛子の赤くなる前、つまり熟す前の状態のものです。

 

若さゆえに瑞々しさと青臭い辛味が特徴。

 

細かく刻み、チヂミの具材として使うのは昔からの定番。

 

私にとっては非常に家庭的な食べ物で、

 

祖母が作るそれは、子供のころ(と言っても高校生以降)オヤツ的な立ち位置でした。

 

チヂミの王道と言ってもいいでしょう。

 

※写真は海鮮チヂミです(笑)

 

 

 

さ蹈ルビ

 

薄くスライスした国産牛のカルビです。

 

サムギョプサルの鉄板で焼くにはすぐに焼けることから丁度良い薄さです。

 

一枚なりで出てきますので、

 

焼きながらハサミで切る必要があります。

 

写真のようなサンチュなどは付いてきませんので、

 

包む野菜類などのトッピングはすることをお勧めします。

 

自分で好みの長さにカットできますので、

 

サンチュで包むというより焼いた牛肉でナムルや野菜を包むことをお勧めします。

 

中でも必須は「クレソンのチョレギ」。

 

※向きがおかしくてすみません

 

まるふみでは岐阜清流の天然クレソンを使っていますので、

 

食味、食感、辛味どれをとってもワンランク飛びぬけています。

 

サムギョプサルでもよいですが、

 

クレソンの辛味と牛肉の旨み・甘味がとても合います。

 

牛肉を大きめにカットして、クレソンチョレギを巻いて食べる。

 

夜に焼肉を食べるという罪悪感はゼロどころかマイナスに振り切るかもしれません。

 

 

ゥ謄鵐献礇鵐船

 

スンドゥブチゲ(やわらか豆腐のチゲ)の方が今ではポピュラーになっていますが、

 

昔からのチゲはやはりテンジャンでしょう。

 

ほろほろの木綿豆腐と自家製ブレンドのの豆入り味噌。

 

キムチ(できたら発酵した酸味があるものがおすすめ)、

 

玉ねぎなど好みの野菜のチゲです。

 

卵を入りなのも食べごたえが増して嬉しいですね。

 

ご飯を入れるのではなく、

 

スッカラでご飯をすくって汁に浸して食べましょう。

 

 

以上、私が個人的にまるふみを使った時に必ずと言っていいほど食べる、

 

外せないメニューたちでした。

 

たまには自分中心の目線で語ってみました。

 

是非、真似してみてください(笑)

 

 

 

次回は姉妹店「大衆天ぷら酒場ふみ屋編」で行きますね!^^

 

 

 

 

★☆★☆ 一緒に働いてくれる仲間募集中!! ★☆★☆

 

野菜好き、居酒屋好き、飲食店好き、人好き、、、

 

欲を言えば格闘技好き、音楽好きの人と一緒に働きたい!!^^

 

お気軽に面接等お問い合わせください!!

 

条件も丁寧にお答えします^^

 

★面接エントリーはコチラ➡ https://ssl.form-mailer.jp/fms/59eef5ce614073

 

| - | 18:47 | comments(0) | - |
▼ COMMENT
name:
email:
url:
comments:
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.