▼ CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
▼ LATEST ENTRIES
▼ RECENT COMMENTS
▼ ARCHIVES
▼ CATEGORIES
▼ search

▼ LINKS
▼ PROFILE
main
▼ 6年ぶりの韓国一人旅【ピビンバ・パンチャン編】

オレガンマンイムニダ。

 

オレガンマンイムニダ。

 

オレガンマンイムニダ。

 

、、オレ、、、

 

ひたすら車内の韓国語の勉強CDで一番覚えやすかった文章をつぶやいていましたが、

 

日本語にすると

 

「お久しぶりです。」

 

向こうに知り合いもいないのに、使うわけないよね。

 

、、、、、、

 

、、こんばんは、先週韓国一人旅から無事に帰ってきました、

 

まるふみ店長平野です。

 

 

やはり6年も経つと海外旅行の段取りも全く変わっており、

 

余りの簡単さ?、、にキョトンとしてしまいますね。

 

飛行機、ホテルはネット予約。

 

ソウルから全州の往復のKTX(韓国の新幹線的なもの)のチケットもネット予約。

 

6年前の私はガラケーでWi-Fiという言葉も知っていたか危うい。

 

よって当時は、飛行機に乗る=帰国までガラケーの電源を切る。

 

 

が、今ではスマホも海外用ポケットWi-Fiで(アプリは)使いたい放題。

 

そのポケットWi-Fiもネット予約。

 

 

 

、、なんて便利なんだ^^

 

 

でもね。

 

私は基本、アナログ人間。

 

いや、アナログがあえて好きで、大抵なことは不便な方を選ぶ変わりもの(笑)

 

例えばエレベーターやエスカレーターは極力使わない。

 

タクシーは最終手段。

 

基本電車好き。

 

プライベートではあまり車の運転はしたくない。

 

、、なんでだろうか?

 

自分でもよく分かりませんが、

 

恐らくナチュラルトレーニングになっている気がするからかもしれません(笑)

 

そんな私が一人で韓国旅行に行こうものなら、

 

それはそれは歩く歩く歩く歩く、、、

 

食べて歩いて食べて歩いて。

 

ジョギングシューズで行ったのですが、

 

それでも足の裏が初日から痛かったです(笑)

 

 

そんな歩いて何を求めたか??

 

ひとつには、もちろん「食」。

 

、、いや、それ以外ないわ(笑)

 

特に私は今回の旅で、極力肉系や鍋系を食べる気はありませんでした。

 

あ、、もちろんチーズ系もね(笑)

 

新大久保でも食べられますから^^

 

 

一番の目的は、「ピビンバ」。

 

野菜をたっくさん使う、韓国を代表する食べ物ですから^^

 

 

【全州(チョンジュ)の名店・家族会館のユッケピビンバ】

 

ここは6年前にも行ったので二回目。

 

 

ピビンバには必然的にこれだけのパンチャン(おかず)が付いてきます。

 

これが「全州スタイル」。

 

、、もちろん、全部食べられません(笑)

 

日本と違い、残すことが礼儀でもあるので「勿体ない、、」という気持ちは置いといて問題はなし。

※食べきると「足りなかった」という捉えられ方をするからだとか。

 

 

【ソウルにある「全州中央会館」の石焼ピビンバ】

 

ソウルによく行く方は知っているかな?

 

明洞にある名店です。

 

 

 

東大門近くにある「広蔵市場(カンジャンシジャン)」の屋台。

 

マンドゥック、オデン、スンデなど。

 

市場の真ん中に屋台が軒を連ねています。

 

【スンデ】

豚の腸に春雨ともち米を詰めて豚の血で固めたソーセージのような食べ物。

 

私の好物です^^

 

 

【キンパ・トンチャン・ホッパの煮込み】

屋台のキンパは細巻で一口サイズです。

 

トンチャンは味噌煮込み、ホッパは牛の肺(フワともいう)。

 

日本ではあるにはあるが、中々出回りません。

 

レバーがもっと味が無く食感がフワフワした感じ。

 

 

どちらも食べましたw

 

 

 

ピビンバと並ぶ全州のもう一つの名物、

 

【マッコリセット】

 

25000Wぐらいで、パンチャンがたくさん出てきます。

 

これは一皿が多いタイプのお店で、種類は少ないですが量は一人では食べきれませんでした、、、

 

左上から時計回り、キムチチヂミ、豚足、小サイズのタッカンマリ、キムチと豆腐と豚肉のチム。

 

マッコリは1リットル。

 

一人ではお腹がいっぱいで飲み切れません、、

 

 

南大門という観光名所にありながら、

 

日本語が通じなく店員のおばちゃんたちも不親切な(笑)お店の

 

【麦飯ヨルムピビンバ】

 

ピビンバのナムルは大根の千切りの酢ナムルとヨルムキムチという小さな間引き大根のキムチのみ。

 

このシンプルさがよい^^

 

なぜかセットで、小ピビン麺、カルクッス(うどん)が付いてきます。

 

米・麺・麺、、、って、どんな組み合わせだ!!(笑)

 

、、でも、これで約400円(笑)

 

ちなみに店内に格闘家の秋山選手の写真が飾ってあったので、

 

通じない日本語で「秋山!秋山!」、、と話しかけましたがガン無視されました(笑)

 

 

 

【プゴクッ定食】

 

ソウルの裏通りにある朝七時からやっている干し鱈汁(プゴクッ)の名店。

 

6:30に行きましたが、並んでいる先客が2組いましたw

 

白菜と大根の水キムチも美味しかったですが、

 

まるふみの方が美味しいです(笑)

 

鱈汁は薄い塩味ですが、足りなければ左上の網の塩辛を入れて調整します。

 

外食で、しかも専門店でプゴクッを食べたのは初めてで(私にとってはとても馴染みのある家庭料理なので)

 

美味しさも踏まえて少し感動しました^^

 

その他、屋台でのつまみ食いなどを入れるともっともっと食べました。

 

そして歩いて歩いて歩いて歩きまくりました(笑)

 

ソウルに関しては世界遺産などの観光名所は何度も行っているので今回は行きませんでした。

 

 

では、どこに向かって歩いたのか??

 

 

私が韓国にいくと必ず練り歩く、、、「市場」です^^

 

 

次回は【市場編】です。

| - | 20:47 | comments(0) | - |
▼ COMMENT
name:
email:
url:
comments:
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.