▼ CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
▼ LATEST ENTRIES
▼ RECENT COMMENTS
▼ ARCHIVES
▼ CATEGORIES
▼ search

▼ LINKS
▼ PROFILE
main
▼ お売りできません。

こんばんは、

まるふみ店長平野です。

 

とうとう、平昌オリンピックが終わってしましましたね〜〜、、

日本のメダルは冬季では過去最多だったということで、

本当に喜ばしいことです^^

 

今回のオリンピックも数々の感動の連続でしたが、

皆様の中のMVPは誰ですか?

 

、、私はやはり、スピードスケートの小平選手です。

金メダルを取った500mのあの競技自体がまずカッコイイw

 

スタート前の鋭い目つき、

スタート時のカッカッカッ!!!、、

と言った駆け出しの迫力、

滑っている姿勢、すべてがファイターそのものに見えまして、、w

 

やはり、格闘技的なものが好きなんですね^^

 

 

はい。

本題です。

 

まるふみのキムチ・韓国料理の強み、

それはHPやお店のパンフレットなどでも謳っている、

「自家製ヤンニョム」にあります。

 

★「自家製ヤンニョム(キムチの素)」について

 

 

開店以来試行錯誤を重ね、いまでは落ち着いておりますが、

「まるふみのこだわり」がぎっしり詰まった秘伝の調味料です。

 

そのキーマン、

自家製の「鰯の塩辛」に数カ月ぶりに手を入れました。

 

 

正直、食欲がわくような画像ではありませんね(笑)

 

約半年経過した状態です。

ハラワタが溶けだし、きれいなピンク色をしています。

 

 

 

ついでに一年以上たったものも確認しました。

 

 

もうドロドロですw

なかなかこんな見た目にインスタ映えしない食材を見る機会はないでしょう、、(笑)

 

 

生臭い?独特な臭気は魚嫌いの人にとっては悪臭かもしれませんがw

発酵食品が好きな人にとっては食欲をそそるものです。

もちろん私はこのまま食べられます^^

 

実際のヤンニョムに使うときはこのままだと生臭さが際立ちすぎるので、

ウチでは火入れをします。

(細かなことは企業秘密です、、)

 

もちろん、「鰯エキス」として透明なペットボトルの商品は売り出されていますが、

味は全く違います。

 

「キムチのまるふみ本店」はとても小さなお店。

この塩辛を大量に漬けることはスペース的にも難しい。

 

また、こんなグロいものを買いたい、という方も少ないのは確かですが、

これは絶対に非売品です。

 

本当は自家製ヤンニョム自体も最初は非売品だったぐらいですから、、、(笑)

 

手間や時間を惜しまないことが、

「まるふみ」の強みであり、

小規模飲食店としての誇りでもあります。

 

 

★2001年創業!名古屋市北区平安通のキムチの名店

キムチ韓国そうざい工房 まるふみ】TEL:052-916-7301

 

 

 

★☆★☆ 歓送迎会は美味しくてヘルシーな韓国料理で!! ★☆★☆

 

 

 

※平安通駅一番出口徒歩1分弱!

 「韓国居酒屋まるふみ」⇒052-913-1077

(駐車場三台有)

 

※庄内通駅徒歩7〜10分

【平日10名様から貸切できます!!】

キムチのまるふみ庄内通店」⇒052-325-5253

(駐車場二台有)

| - | 21:45 | comments(0) | - |
▼ COMMENT
name:
email:
url:
comments:
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.