▼ CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
▼ LATEST ENTRIES
▼ RECENT COMMENTS
▼ ARCHIVES
▼ CATEGORIES
▼ search

▼ LINKS
▼ PROFILE
▼ 6年ぶりの韓国一人旅【ディープ編】

本日、まるふみ担当のZ理士さんから連絡がありました。

 

先日の「Z務調査」の件、

何も落ち度もなく、不問との事でした。

 

、、、、万歳!!!

 

今日は盛大に乾杯だ〜〜!!、、、

 

と言いたいところですが、

昨日スタッフ数人とS-1打ち上げや新店舗の為の視察という名目で盛大に飲みすぎたので

 

今日は完全休肝日です。

 

こんばんは、昨晩(今朝)の帰りの記憶がない、

 

まるふみ店長平野です。

 

 

さて、、、

 

ピビンバの旅と言いながら、

 

実は一食だけ、数年前から狙っていた「幻の焼肉」を食べる!

 

という目的も兼ねていました。

 

 

 

2010年だったかな?

 

当時のスタッフ3名と行った韓国視察旅行。

 

そこでお客さんから聞いていた、

 

ソウルの食肉市場の裏通りに超新鮮な焼肉が食べられる「焼肉通り」がある、、、という話。

 

当時はネットでの情報も見れず、歩き回りましたがお店を見つけることが出来ませんでした。

 

その代わり、目に入ってきたのは山積みの牛の頭部や、

 

大きなバケツに入った内臓の山、、山、、山、、、

 

当時は焼肉まるふみも経営してましたので大きな食肉の作業場も見たこともありましたし、

 

大抵のことは驚かないつもりでした、、、が。

 

それでも山積みの牛の頭は衝撃でしたね(笑)

 

再挑戦です^^

 

 

 

韓国切っての畜産の街「馬場洞(マジャンドン)」。

 

 

ピンク色の照明に並ぶ日本ではあまり見られないそのまんまの牛・豚の各部位。

 

そのまんまとは、つまりが頭、内臓、手足、、とういうことです。

 

沖縄ならともかく、豚の頭まるごとなんて、大きな市場でも見ないですよね?(笑)

 

 

半地下の作業場で豚の頭部の毛をバーナーで焼いている様子。

 

生々しい豚の頭が山積みになっているのがわかりますか??

 

気分が悪くなる方は見ない方が良いでしょう(笑)

 

 

 

牛の頭部。

 

後ろから見た図。

 

あまり写真ばかり撮っているのも現場の方からは良く思われないかと、

 

遠慮しました(笑)

 

なので、本当に生々しいのは撮っていません。

 

 

 

ネットのおかげで今回の旅では、

 

いとも簡単に見つかりました。

 

「焼肉通り」

 

 

 

10件ほど?、、並ぶ焼肉店。

 

「美味しい焼肉」、、というストレートな日本語表記の看板もあり、

 

観光客も多いのでしょう。

 

この日は平日だし一人も日本人はいませんでしたが。

 

その中で適当に入ったお店。

 

どこも似たようなメニューだと思います。

 

 

注文は二人前からで、

 

超新鮮なカルビのセット。

 

これが二人前。

 

青菜の汁がまるふみの味とそっくりでホッとしました^^

 

この店に入るまで殺伐とした光景を見てきたのでね、、(笑)

 

 

驚くべきは、写真右下の、、、

 

「生レバーと生センマイ」。

 

これ、つき出しです。

 

と言うことは、食べきればまた新しいのが出てくる(笑)

 

つまり、食べ放題w

 

 

10年ほど前に日本では全面提供禁止になってから幻の食べ物「生レバー」。

 

ここぞとばかりに食べてしまいました、、、

 

完食してしまいました(笑)

 

 

 

、、食べている最中、、ふと思いました。

 

もし、ホテルで声も出ないぐらいの腹痛に襲われたらどうしよう??

 

歩けないぐらいの激痛だったらどうしよう??

 

韓国語も話せないし、苦しすぎて翻訳サイトも使いこなせなせなかったら、、、

 

経営者として、、どころではなく、

 

一大人としてちょっと反省しました(笑)

 

でもね、、

 

とても新鮮で、超美味しかったです^^

 

 

今回の韓国一人旅。

 

一人というのは初体験でしたが、

 

よく考えたら今まで私より韓国語が話せたり、、とか、

 

事情に詳しい人と行ったのは一度ぐらい。

 

ほとんど私主導で引き連れて行っているので、

 

一人でも連れがいても変わらないんですね(笑)

 

これはクセになりそうです^^

 

 

来年も一人で行こうかな〜〜〜(笑)

| - | 19:14 | comments(0) | - |
▼ 6年ぶりの韓国一人旅【市場編】

いよいよ今月から新店の内装工事が始まりました。

 

自身5回目の経験ですが、この緊張とワクワクがたまりません^^

 

こんばんは、新店開店前でスタッフに余裕がある為、

 

夜は誰かの飲みの誘いを待っています、

 

まるふみ店長平野です。

 

 

、、というのは半分冗談でw

 

夜な夜な新店舗の店長と視察やメニューの打ち合わせをしっかりやっていますよ^^

 

 

さて、もうすでに一週間が過ぎていました(笑)

 

韓国一人旅。

 

 

今回は私の韓国旅行の楽しみの一つである、

 

市場の練り歩き。

 

韓国は日本のように大型ショッピングモールがそこら中にないので、

 

代わりに街中で市場が活気に溢れています。

 

これは何年経っても変わりませんね^^

 

 

 

 

【キムチと明太子(ミョンテの子)・魚介塩辛類】

 

韓国は本当にたくさん種類のキムチがあります。

 

ですので、いちいち「これは何キムチ?」

 

「これをキムチにするの??」

 

、、という質問は愚問に思います(笑)

 

どんな野菜でもキムチにします。

 

 

【短い大根】

 

ソウルでも全州でもこの大根がたくさん売られていました。

 

 

【朝鮮カボチャ】

 

これは韓国名物ですね^^

 

 

 

こんな感じのアブラナ科っぽい菜っ葉もどこに行っても山積みでした。

 

キムチに最適ですね^^

 

【昔ながらの全州・南部市場】

 

まあ、ソウルでもそうなんですが、

 

市場の道路わきでは韓国のおばあちゃんたちが地べたに座り込んで、

 

みんなニンニクやワケギの薄皮を剥いているんですね。

 

その手はアクで真っ黒で、

 

親指は分厚く肥大しているんです。

 

感心というか、やはり韓国の女性は働き者だな〜〜、、、

 

とね、、。

 

まるふみオモニもまだまだやれますねw

 

 

【でかい唐辛子】

 

【朝鮮人参】

 

 

【もやし】

 

売られ方が半端ない(笑)

 

 

【どじょう】

 

どじょう汁にするのでしょうね^^

 

ペットでもイケそうですね(笑)

 

 

フジツボみたいなとにかく海の生き物ですw

 

 

 

 

 

もう一つの全州の有名な市場

 

【中央市場】

 

 

 

 

こちらは南部市場ほどディープな雰囲気はなくw

 

割と仕事帰りにお惣菜を買っていく主婦が中心でした。

 

パンチャンが本当に美味しそうで、

 

私がここに住んでいたら毎日通うでしょうね(笑)

 

 


 

【明洞】

 

言わずと知れたソウルの中心部。

 

ここでは買い食い等は一切しませんでしたが、

 

こんな喧噪も日本ではなかなか味わわないので、

 

記念にね^^

 

 

 

 

韓国の市場を練り歩き、いろんな野菜、キムチ、パンチャンなど

 

買うことは出来ないので目で見て楽しみ、

 

現地の人たちの表情や雰囲気を感じる。

 

これが私はたまらなく好きです。

 

 

つまり、韓国料理を食べるだけならば、鶴橋・新大久保などでも

 

ことが足りる部分もあるかとは思いますが、

 

現地でないと絶対に出来ないこと。

 

 

そう、私が一番求めていたこと。

 

韓国の「空気を感じる」ことです。

 

 

 

 

ソウル中心部から、地下鉄で30分程のところにある畜産の街

 

「馬場洞(マジャンドン)」

 

 

究極の焼肉を求めて、

 

私はディープな街へと歩を進めました、、、

 

次回は【ディープ編】です(笑)

 

| - | 22:23 | comments(0) | - |
▼ 6年ぶりの韓国一人旅【ピビンバ・パンチャン編】

オレガンマンイムニダ。

 

オレガンマンイムニダ。

 

オレガンマンイムニダ。

 

、、オレ、、、

 

ひたすら車内の韓国語の勉強CDで一番覚えやすかった文章をつぶやいていましたが、

 

日本語にすると

 

「お久しぶりです。」

 

向こうに知り合いもいないのに、使うわけないよね。

 

、、、、、、

 

、、こんばんは、先週韓国一人旅から無事に帰ってきました、

 

まるふみ店長平野です。

 

 

やはり6年も経つと海外旅行の段取りも全く変わっており、

 

余りの簡単さ?、、にキョトンとしてしまいますね。

 

飛行機、ホテルはネット予約。

 

ソウルから全州の往復のKTX(韓国の新幹線的なもの)のチケットもネット予約。

 

6年前の私はガラケーでWi-Fiという言葉も知っていたか危うい。

 

よって当時は、飛行機に乗る=帰国までガラケーの電源を切る。

 

 

が、今ではスマホも海外用ポケットWi-Fiで(アプリは)使いたい放題。

 

そのポケットWi-Fiもネット予約。

 

 

 

、、なんて便利なんだ^^

 

 

でもね。

 

私は基本、アナログ人間。

 

いや、アナログがあえて好きで、大抵なことは不便な方を選ぶ変わりもの(笑)

 

例えばエレベーターやエスカレーターは極力使わない。

 

タクシーは最終手段。

 

基本電車好き。

 

プライベートではあまり車の運転はしたくない。

 

、、なんでだろうか?

 

自分でもよく分かりませんが、

 

恐らくナチュラルトレーニングになっている気がするからかもしれません(笑)

 

そんな私が一人で韓国旅行に行こうものなら、

 

それはそれは歩く歩く歩く歩く、、、

 

食べて歩いて食べて歩いて。

 

ジョギングシューズで行ったのですが、

 

それでも足の裏が初日から痛かったです(笑)

 

 

そんな歩いて何を求めたか??

 

ひとつには、もちろん「食」。

 

、、いや、それ以外ないわ(笑)

 

特に私は今回の旅で、極力肉系や鍋系を食べる気はありませんでした。

 

あ、、もちろんチーズ系もね(笑)

 

新大久保でも食べられますから^^

 

 

一番の目的は、「ピビンバ」。

 

野菜をたっくさん使う、韓国を代表する食べ物ですから^^

 

 

【全州(チョンジュ)の名店・家族会館のユッケピビンバ】

 

ここは6年前にも行ったので二回目。

 

 

ピビンバには必然的にこれだけのパンチャン(おかず)が付いてきます。

 

これが「全州スタイル」。

 

、、もちろん、全部食べられません(笑)

 

日本と違い、残すことが礼儀でもあるので「勿体ない、、」という気持ちは置いといて問題はなし。

※食べきると「足りなかった」という捉えられ方をするからだとか。

 

 

【ソウルにある「全州中央会館」の石焼ピビンバ】

 

ソウルによく行く方は知っているかな?

 

明洞にある名店です。

 

 

 

東大門近くにある「広蔵市場(カンジャンシジャン)」の屋台。

 

マンドゥック、オデン、スンデなど。

 

市場の真ん中に屋台が軒を連ねています。

 

【スンデ】

豚の腸に春雨ともち米を詰めて豚の血で固めたソーセージのような食べ物。

 

私の好物です^^

 

 

【キンパ・トンチャン・ホッパの煮込み】

屋台のキンパは細巻で一口サイズです。

 

トンチャンは味噌煮込み、ホッパは牛の肺(フワともいう)。

 

日本ではあるにはあるが、中々出回りません。

 

レバーがもっと味が無く食感がフワフワした感じ。

 

 

どちらも食べましたw

 

 

 

ピビンバと並ぶ全州のもう一つの名物、

 

【マッコリセット】

 

25000Wぐらいで、パンチャンがたくさん出てきます。

 

これは一皿が多いタイプのお店で、種類は少ないですが量は一人では食べきれませんでした、、、

 

左上から時計回り、キムチチヂミ、豚足、小サイズのタッカンマリ、キムチと豆腐と豚肉のチム。

 

マッコリは1リットル。

 

一人ではお腹がいっぱいで飲み切れません、、

 

 

南大門という観光名所にありながら、

 

日本語が通じなく店員のおばちゃんたちも不親切な(笑)お店の

 

【麦飯ヨルムピビンバ】

 

ピビンバのナムルは大根の千切りの酢ナムルとヨルムキムチという小さな間引き大根のキムチのみ。

 

このシンプルさがよい^^

 

なぜかセットで、小ピビン麺、カルクッス(うどん)が付いてきます。

 

米・麺・麺、、、って、どんな組み合わせだ!!(笑)

 

、、でも、これで約400円(笑)

 

ちなみに店内に格闘家の秋山選手の写真が飾ってあったので、

 

通じない日本語で「秋山!秋山!」、、と話しかけましたがガン無視されました(笑)

 

 

 

【プゴクッ定食】

 

ソウルの裏通りにある朝七時からやっている干し鱈汁(プゴクッ)の名店。

 

6:30に行きましたが、並んでいる先客が2組いましたw

 

白菜と大根の水キムチも美味しかったですが、

 

まるふみの方が美味しいです(笑)

 

鱈汁は薄い塩味ですが、足りなければ左上の網の塩辛を入れて調整します。

 

外食で、しかも専門店でプゴクッを食べたのは初めてで(私にとってはとても馴染みのある家庭料理なので)

 

美味しさも踏まえて少し感動しました^^

 

その他、屋台でのつまみ食いなどを入れるともっともっと食べました。

 

そして歩いて歩いて歩いて歩きまくりました(笑)

 

ソウルに関しては世界遺産などの観光名所は何度も行っているので今回は行きませんでした。

 

 

では、どこに向かって歩いたのか??

 

 

私が韓国にいくと必ず練り歩く、、、「市場」です^^

 

 

次回は【市場編】です。

| - | 20:47 | comments(0) | - |
▼ 新しいお店を出します。

いよいよ来週から6年ぶりの韓国一人旅行。

 

韓国語を勉強する!!

 

、、と言いながら実際には昨日からやっと、

 

車で韓国語のCDを垂れ流して勉強しているつもり、、、

 

でいる、まるふみ店長平野です。

 

いや〜〜、、、

 

どうも私は語学があまり好きでは無いようでして、、w

 

やはり好きでないと本気が出せないものですね^^;

 

 

さて、本題ですが、、

 

実は昨年二月からずっとずっと温めていた計画、、、

 

 

2001年からキムチ屋・韓国焼肉屋(今は売却)・韓国料理屋2店、、、

 

と韓国一本できた「まるふみ」。

 

ついに別業態で新店舗出店いたします!!!!

 

 

細かなことを話しますと、

 

実は今年の4月に名古屋市西区の浄心というちょっとしたローカルながらも

 

飲み客は多い町の既存店を買い取り、

 

全リニューアルしてやる予定でした。

 

 

、、が!

 

売買契約直前に大家さんとその前借主が揉めてしまい、、、

 

おジャン。

 

 

私はやる気満々で鼻息が荒い状態のままでお預け。

 

このままでは諦めきれない、、!!

 

、、と、ずっとずっと物件探しをしておりました。

 

栄、黒川、新栄、、、などなど、

 

様々なお話があったのですが、

 

結局私が一番やりやすい!!

 

、、と感じた、超ローカル。

 

人口は増えているのに居酒屋不毛の地(笑)

 

名古屋市西区の上小田井、

 

という場所での出店が決まりました。

 

反対意見がほとんどでしたが(笑)

 

なにせ、私の生まれ育った地元!!w

 

愛着があるし、最近は良い居酒屋も増えてはいるが、

 

とにかく数が少なく、ご近所の方の趣向が分かる、、、など利点も感じ、

 

挑戦してみよう!!

 

、、という決断をしました。

 

ほとんど直感ですが(笑)

 

 

業態内容は、、、

 

 

 

 

まだどの色にするか決めていませんがw

 

ご覧の通りです^^

 

正直、飲食経営者仲間には「なんで天ぷら??」

 

、、と言われます。

 

 

きっかけは昨年2月に行った福岡での視察。

 

福岡の天ぷら業態に触発されました。

 

、、と、私は野菜ソムリエの活動もしていることもあり、

 

様々な食材を扱える、という点で、いつかは韓国料理以外もやりたい、

 

と常々思っていました。

 

特に、自身が好きな和食系。

 

飽きないですから^^

 

 

超ローカルだけに、厳しいでしょう。

 

、、が、私は自慢じゃないですが2001年開業からどんな悪い条件の立地でも一店も潰しておりません。

(焼肉まるふみは経営難の売却ではないので^^)

 

 

それはなぜか??

 

諦めないからです^^

 

良くなるまで諦めない。

 

勝つまで諦めない。

 

諦めたから失敗になるのであり、

 

やり続ければいつかはそれを「成功」という。

 

 

開店は今年の12月中を予定しております。

 

遠くの方まで来て頂こうとは思っておりませんがw

 

どうぞ、応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

| - | 19:18 | comments(0) | - |
▼ Z務署が来ました。

こんな内部の話をしてもよいのだろうか??

 

、、とも思いましたが、SNSでは旬情報、

 

ブログではくだらない(?)個人的な小話中心でいこうかな、、

 

と思っています^^

 

やましいこともないですしね。

 

 

こんばんは、まるふみ店長平野です。

 

つい先日の朝。

 

いつも通り変わりのない、最高の秋晴れの日のことです。

 

訪問者は突然私の自宅にやってきました。

 

題名で察知していただきたいのですが、「Z」としますw

 

Z:「おはようございます。北Zです。突然ですが、お聞きしたいことがありまして、

 

中に入れてもらえないでしょうか?」

 

 

瞬時に、30年前ぐらいの映画「マルサの女」を思い出しました(笑)

 

私はちょうど出勤前の優雅な朝食の準備タイム。

 

お世話になっている農家さんからいただいたオクラの産毛を塩でもんでいたところでした。

 

しかも、朝ラン後にシャワーを浴びて上半身裸状態w

 

 

もちろん、何もやましいことはありません。

 

しかしゴネるとやましいと思われる。

 

躊躇しながらも「い、、いいですよ。」

 

 

慌ててTシャツを取りに行き、とりあえず目の前にあったパンクラスのTシャツを着て

(これは今思えば戦いの始まりの予兆だったかもしれません。)

玄関のドアを開けました。

 

 

そこには男性と女性の二人のZ員。

 

 

そのZは、「とりあえず今お持ちの現金などを見せてほしい」と言います。

 

私は何も悪いことをやっていないのに、強制捜査をさえている気分でしかしこれを断るとやましいと思われる、、、

 

という一心で会社のカバンを取りに行きました。

 

Zは「お金を一枚ずつ数えてほしい」という。

 

は?、、と私。

 

そのうえ、「家に上がらせて欲しい」というZ。

 

なんで??、、

 

言われるがまま、リビングに通しました。

 

朝食時に音楽を聴く習慣がある私。

 

その時ガンガンにかかっていたのはキューバの昔のソンのデュオ「ロス・コンパドレス」(笑)

 

まな板の上に転がった塩がまぶされたままのオクラ、パンクラスのTシャツ姿の私、ロス・コンパドレス、、、

そこに見知らぬ二人。

しかも招かざる客。

 

 

ついさっきまで出勤前のいつも通りの優雅なひと時が、

 

予期せぬ来客に異様なシチュエーションになっていました。

 

そこでカバンの中身を広げてほしいというZ。

 

だんだん腹が立ってきた私は、

 

ちょっと待ってくれ、、と。

 

Z理士さんにとりあえず相談します、と。

 

 

電話で聞くと、突然の訪問に驚くと同時に、

 

これは任意ではないので私が嫌なら断ってもよい、とのアドバイス。

 

、、、え?、、、

 

強制じゃないの??

 

それを聞いた私は、一気に逆襲モード入りました。

 

「お断りします。今すぐ帰ってください!

 

そもそもね、いい大人が平日午前中に何の予定もなく家にいるわけないでしょ。

 

この後仕事なんです。

 

こっちは計画を立てて一日動いているんです。

 

ズカズカ人の大切な時間に突然入ってきて、どういう神経してるんですか?」

 

 

Z:「、、、ごもっともです。m(__)m」

 

 

いとも簡単に引き下がりました。

 

が、名古屋市北区にある、まるふみ本店では、別部隊が同じタイミングで調査に入っていた模様。

 

私も電話で了承したので、レジ周りから過去の伝票からすべてチェックしていったようです。

 

それも、開店前の超忙しい時間帯に、、、

 

 

 

私担当のZもこのまま引き下がりません。

 

午後の空いた時間帯に再度お店でも伺いたい、、とのこと。

 

もういいよ、別に。

 

隠すものもないし、どうぞご自由に。

 

キムチのまるふみ本店、韓国居酒屋まるふみ、キムチのまるふみ庄内通店。

 

全て、帳簿からPCの中からチェックされ持っていかれました。

 

過去のお客様の領収書の控えから、デリバリーの伝票までもね。

 

 

Z理士さん曰く、事前連絡なしの突然訪問は、現金商売の飲食店ならでは?、、とのこと。

 

、、で、今回の訪問調査は、2001年開業のまるふみ、

 

17年間今まで一度もZ務調査が入ったことがないので、

 

致し方ないこと、、ということです。

 

 

戦いはこれでは終わりません。

 

まだ数日続きそうですが、正々堂々、向き合っていきたいと思います。

 

、、こんなこと、お客様が見ているブログで話すのもなんですがね、、(笑)

 

 

正々堂々の「まるふみ」を見ていただきたくてね^^

 

 

 

 

しかし、自宅に突然訪問って、、失礼ですよね??

 

確信犯ならまだしもね。

 

まだ納得いかないな〜〜、、

 

 

 

 

画像がないのも寂しいので近々、定植予定の野崎白菜2号♪

 

 

| - | 19:07 | comments(0) | - |
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.